インプラント治療|有楽町・日比谷の歯医者 - 丸の内 帝劇デンタルクリニック

0352202511アクセスお問い合わせ
  • ドクター紹介
  • スタッフ紹介
  • 診療科目
  • クリニック
  • 地図・時間
  • ブログ
インプラント治療

インプラント治療

インプラントとは、失われた歯の部分の顎骨にインプラントと呼ばれる人工の根っこを埋め込み、その上から被せ物を装着することで歯の欠損を補う治療法です。

しかし、すべての方にインプラントが適用できるわけではありません。

口腔外科処置を含むため、全身状態の状態や服用している薬なども影響してきます。
また、骨の高さや幅が十分でなければ骨を造成したり、移植するなどの処置も必要となります。処置を行う前に骨の状態や上顎洞、神経までの距離を検査していくことも非常に大切です。

しかし、適切な処置を行い、十分なケアを行っていけばインプラントの5年間の生存率は95%を超え、自分の歯よりも長く口の中にとどまる可能性もあるという報告もあります。
また、審美面で優れていることはもちろん、違和感も少なく、物を噛む力は他の欠損治療よりも高いため、現在では最も機能的に高い補綴治療だといえます。

インプラント、入れ歯、ブリッジの比較

なんらかの原因で歯を失ってしまった場合、インプラント、入れ歯、ブリッジの3つの治療方法が主となります。

ブリッジや入れ歯は保険適用となり比較的安い金額で処置をすることができます。

ブリッジの場合、入れ歯と比べ見た目も良く、違和感も少ない治療となります。しかし健康な歯を多く削らなければなりません。また、支えとなる歯が欠損歯の負荷も補うために大きな負担がかかり、歯の寿命も短くなります。

入れ歯の場合は、健康な歯を削る必要がなく、取り外しが可能なため、清掃性も優れています。しかし、他の治療に比べ違和感が多いことや噛む力が低いこと、また部位によってはバネが前歯にかかる場合もあるので審美面に欠けるともいえます。

インプラント治療ではこれらの欠点はありませんが、治療費が高額なことや、治療期間が長いことなど、それぞれの治療方法にメリット・デメリットが存在します。

歯を失ってしまった場合は担当の歯科医師とよく相談し、それぞれの特徴を考慮しながら、治療方法を決定していくと良いでしょう。

  インプラント 入れ歯 ブリッジ
治療費 高い 安い 安い
審美性
違和感
咬合力
歯を削る必要 なし なし あり

インプラント埋入後のメインテナンス

インプラント埋入後も適切なプラークコントロールが行われなければ、歯茎からの出血やインプラントを支えている骨が溶けてしまい、しまいにはグラグラとしはじめ、抜かなければいけない状態となってしまいます。

歯科医師や歯科衛生士による清掃指導を実践し、定期的に健診を受け、現在の診断や専門器具での清掃を行っていくことでインプラントの寿命を延ばすことができます。

スーパーエナメル 歯のマニキュア EPIOS殺菌水システム 3Dデジタル矯正