blog

オーラルケア製品(歯の美白)

歯の美白効果のあるオーラルケア製品についてです。
(今回あえてホワイトニングの表現は使いません。)

美白
歯科の専門書(2011年)に、歯の美白としてこれらのオーラルケア製品が挙げられていました。

歯の美白のための成分
①ステイン除去剤
歯の表面からステインを剥がします。
また、バイオフィルムの沈着を予防します。
②歯質強化剤
フッ素化合物で、エナメルの耐酸性を強化します。
③清掃剤
研磨剤(ツブツブ粒子)で表層のステインやバイオフィルムを擦り落とします。
(過度な研磨剤は、歯や歯周組織にダメージすることがあるので注意が必要です。)

歯の変色には、①歯の表面に外来色素が付着したもの、 ②歯の内部に外来もしくは元々の色素が存在するもの、があります。

①外来色素によるもの
コーヒー、紅茶、緑茶、カレー、赤ワインなど、またタバコのヤニなどによるステインです。
これらの色素を歯の表面から剥がすとキレイになります。
今回は、歯の美白と表現しました。
歯科医院でのクリーニングや、ハミガキ剤を併用したブラッシングでキレイにできます。

②歯の内部の色素によるもの
歯には元々の色味があり、人それぞれですが黄色味や赤味があります。
胎生時(お母さんのお腹の中にいる時)のテトラサイクリン系抗生物質などの薬物の作用で、歯の色味が濃くなることもあります。
また、虫歯や歯の神経が死んで変性してしまった場合にも、歯の色味は変化します。
歯の内部の色素を分解することで、歯をキレイな色にします。ホワイトニング(ブリーチング、漂白)と言われています。
虫歯や死んでしまった神経は、別に正規の治療が必要です。

口元からキレイな歯は清潔感を印象付けます。
歯の黄ばみや着色が気になる方は、歯の美白効果のあるハミガキ剤を使ってみると良いと思います。
それで改善しない場合は、歯科に相談しましょう。