blog

オーラルケア製品(虫歯予防)

虫歯予防のためのオーラルケア製品についてです。

オーラルケア虫歯予防
歯科の専門書(2011年)に、虫歯予防としてこれらのオーラルケア製品が挙げられていました。

虫歯予防のための成分
①殺菌剤
これは歯周病予防にも効果があります。
ブラッシング(歯ブラシ)、フロッシング(フロス、糸ようじ)をした上で、虫歯・歯周病の原因菌を殺菌する効果が期待できます。
キシリトールにも、酸の中和促進や原因菌の代謝の阻害の効果があるとされています。

②歯質強化剤
フッ素化合物が歯質を強化し、虫歯予防効果を期待できます。
ハイドロキシアパタイトにも歯の再石灰化効果があると言われています。

③歯垢分解剤
歯垢(プラーク)を形成するデキストランを分解する酵素(デキストラナーゼ)などが含まれています。
虫歯予防も歯周病予防も、まずは原因菌(プラーク・歯石・バイオフィルム)の除去が重要です。
それに加えて、歯質を強化する成分(フッ素化合物など)を作用させると予防効果がUpします。

特に、生えたての永久歯は虫歯になりやすく、ブラッシング、フロッシングを念入りに行っても予防が難しいと言われています。
これらの成分を利用してを積極的に予防しましょう。

また、ハミガキ剤のフッ素化合物濃度は、500ppm未満では虫歯予防効果がかなり低下し、250ppm以下ではほとんど効果がないとされています。
フッ素化合物濃度900ppm程度のハミガキ剤であれば市販で手に入ります。
歯科医院でのフッ素塗布は、9000ppm程度から20000ppmを塗布することができ、虫歯予防の効果が高いです。

キシリトールは90%以上でないと効果が期待できないと言われており、一般で市販されているキシリトールガムは70~30%程度です。
100%~90%は歯科専売となるようです。