blog

審美歯科+咬み合せ治療+インプラントの症例

1-4 ➡ 1-5
 治療前                 治療後

以前に私(帝劇DC阿部)が担当した症例をご紹介します。
←左が治療前です。
この時まで、ずっと歯のことで苦労し、コンプレックスを持っていた患者様でした。
→右が治療後です。
患者様の期待以上の結果を提供できました。

歯科医師として患者様の役に立ちたいと強く思った症例です。

1-1 ➡ 1-4
 初診時                 治療前

「歯をキレイにしたい。 顎(アゴ)が悪く口が開かない。」が主訴の20代女性の患者様でした。
小・中・高と学生時代に矯正治療を受けていたそうです。

私が担当する前には、神奈川県の大学病院で治療を受けていたそうですが、上手くは行かなかったようです。

矯正治療中にできてしまったと思われる多数歯にわたる大きな虫歯があり、奥歯の咬み合せのバランスが悪く正中が曲がってしまっています。

5
 レントゲン写真・治療前

左側の咬み合せがガタガタです。
CTスキャンでは顎関節の変形もありました。
「顎が悪くて咬みにくい。」ともおっしゃっていました。
また、状態悪く保存困難な奥歯もありました。

1-1 ➡ 1-3
 咬み合せ治療・前歯の応急審美       当日処置後

前歯の変色が可哀そうでしたので、すぐに前歯を応急処置でキレイにしました。

左側奥歯の咬み合せを整え、顎のゆがみを改善させていきました。
咬み合せが持ち上がり、正中が真直ぐになりました。
「顎が良くなった。顔のゆがみも治った。」と喜んで下さいました。

8  11
 インプラント治療                治療後

奥歯の咬み合せを回復させるために、部分的にインプラント治療を行いました。
(現在の学術的見解では、顎関節症は咬み合せだけが要因ではないとされ、咬み合せ治療への介入は慎重に判断すべきとされています。この症例では厳密な診断とインフォームドコンセントの上で積極的咬み合せ治療を行いました。)

1-4 ➡ 1-5
  治療前                  治療後

前歯の審美障害には、上の歯だけにオールセラミックの審美歯科治療を行いました。
下の前歯はクリーニングとホワイトニングで改善してます。
患者様ご本人も「キレイになって嬉しい。」と、とても気に入って下さいました。

①前歯の審美歯科治療(オールセラミック治療)
②顎(アゴ)の開口障害の治療(顎関節治療)
③咬み合せの治療
④顔のゆがみの改善
⑤虫歯治療
⑥歯周病治療(歯槽膿漏治療)
⑦口腔の衛生環境の改善(予防歯科)
⑧インプラント治療
⑨ホワイトニング

様々な要因に対し適切に治療を行いました。
そして患者様にはとても喜んで頂けました。

治療後は患者様自身のセルフケアも非常にキレイです。
きっと、元々キレイ好きな清潔な方なのだと思います。
9年ほどたった現在も、トラブルなどもなくて、とても良い状態です。

患者様は治療後に、キレイな歯で結婚式を挙げられました。
遠くから通院なされている患者様ですので、お子さんができてからは忙しく来院が少なくなりましたが、来院時にはお子さんの歯の相談も受けることもあります。

歯がキレイになると笑顔に自信が持てるようになります。
人生がポジティブになるはずです。

歯科は日々進化しています。
お口や歯のお悩みをお持ちの方は諦めずに、ぜひ歯科に相談しに来て下さい。
我々歯科医師がきっと力になります。

丸の内 帝劇デンタルクリニック
東京都千代田区丸の内3-1-1帝劇ビルB2F
TEL 03-5220-2511