blog

歯科の滅菌・消毒について

歯科治療は外科的に処置することも多く、使用器具の滅菌・消毒が重要です。
最近では特に歯科の滅菌・消毒の重要性が注目されています。

私が学んできた、大学病院→千葉県歯科医院→都内歯科医院→松島歯科・新橋インプラントオフィスと、どの施設も滅菌・消毒をキッチリ行っている施設でした。

歯科に対するマスメディアの非難はやや過剰のように感じる時があります。
少なくとも私の知っている医療人の多くは真面目で仕事熱心です。
そして日本の医療は安心安全であると思います。

その中でも我々は安心安全な医療にこだわりを持って取り組んでいます。

高機能滅菌器
医療器具はタービン、スケーラーはもちろん全てを滅菌するのが日常です。

滅菌パックとディスポ 滅菌グローブ ディスポーザブル
滅菌器具と滅菌パック、グローブやシリンジやメスなどのディスポーザブル(使い捨て)などなど、日常臨床でキッチリと取り組んでいます。

「消毒と滅菌のガイドライン」によれば、
「無菌とは、すべての微生物が存在しないことであり、滅菌は無菌性を達成するためのプロセス、すなわち、すべての微生物を殺滅または除去するプロセスである。
消毒は生存する微生物の数を減らすために用いられる処置法で、必ずしも微生物をすべて殺滅、除去するものではない。」
とあります。

診療チェアーや家具など、滅菌しようのない物は消毒。
その他多くの医療器具などは滅菌もしくは滅菌済のディスポーザブル。

労を惜しまず、基本をしっかり習慣として徹底する。
大切であると思います。