blog

歯のマニキュアって虫歯や銀歯にもできるの?

短期間で手軽に歯を白くできる歯のマニキュアは、お化粧感覚で歯を白くできる点でとても人気が出てきています。
結婚式のような大事なイベントまでに白くしたいけど、歯医者で時間をかけて治療する時間がない!というような場合にはとても便利な方法なのですが、虫歯や銀歯がある場合にも歯のマニキュアってできるんでしょうか?

1

歯のマニキュアと言っても大きく分けて2種類ある

歯のマニキュアには歯科医院で行う方法と、自宅で市販のものを使って行う方法があります。
この両者は費用の面、効果の面でも大きな違いがあり、もちろん歯科医院で行う方が、プロに良質な材料を使って行ってもらう点でも、しっかりとしたキレイな仕上がりとなり、効果もより長持ちします。

虫歯に歯のマニキュアはできる?

虫歯で歯が着色している場合でも歯のマニキュアを塗ることで、着色部分が隠れ、虫歯を見えなくすることができます。
市販のものは1日もすれば剥がれますので、虫歯に塗ったからといって、虫歯の進行に特に影響はありませんが、歯医者さんで歯のマニキュアをしてもらいたい場合、虫歯があるのにその上にマニキュアを塗ることは勧めてくれないと思います。
歯医者さんで受けられる歯のマニキュアは2~3ヶ月以上持つことが一般的ですので、虫歯の上に塗ってしまうと、その下で虫歯が進行してしまう恐れがあるからです。
いざという時に慌てないためにも、虫歯は普段からきちんと早めに治しておきましょう。

銀歯に歯のマニキュアはできる?

1

歯のマニキュアの最大の利点として、銀歯も白くできることが挙げられます。歯に薬剤をつけて歯そのものを白くするホワイトニングでは、差し歯や銀歯のような人工物には全く効果がありません。
でも、歯のマニキュアであれば、「銀歯を白いものにすぐ作りかえる予定はないけど、大事なイベントの時に一時的にでも銀歯を白くしたい」というような場合に、たったの1回マニキュアを塗るだけで白く見せることができるのです。

ただ、一つ注意点があります。銀歯を白くコーティングできるのは歯の側面だけなのです。
噛む面は噛むとすぐに剥がれてしまうため、塗ることはできません。
例えば下の銀歯の色が気になっても、外から見えるのは主に噛む面だけですので、歯のマニキュアを側面に塗ってもあまり意味がありません。
そのため、銀歯を白くできるのは上の歯だけだと考えておいたほうが良いでしょう。また天然の歯とは違い剥がれやすいと言われています。

また、仕上がりに関しては、歯医者さんで行う場合のほうが、銀歯の色を隠す下地を塗ってマニキュアを施すので、市販のものと仕上がりに差が出ます。