blog

歯のマニキュアをできるだけ長持ちさせる方法は?

歯を即効で白くできる歯のマニキュアですが、爪のマニキュアもそうであるように、歯のマニキュアも永久的な効果は期待できません。
でも、できることなら効果が長く続いて欲しいですよね。今回は歯のマニキュアをできるだけ長持ちさせる方法について解説していきます!

1

効果を長持ちさせたい人は歯医者さんの歯のマニキュアがオススメ

歯のマニキュアには市販の製品を買って自分でやるタイプのものと、歯医者さんにやってもらう「ホワイトコート」と呼ばれるものがありますが、市販のものは1日限りの効果と考えていいでしょう。
歯医者さんで行うタイプのものは、市販のものに比べれば断然長持ちします。長期で持ってしまうこともありますが、衛生的な面からだいたい3ヶ月程度での除去が必要とされています。
そのため、歯のマニキュアを行う場合は「あくまでも一時的での使用」と割り切ったほうが良いでしょう。

歯のマニキュアを長持ちさせるコツ

そうは言っても、せっかく塗ったマニキュアがすぐに取れてしまっては困ります。
少しでも長く持たせるにはどうしたらどうしたら良いのか、市販のもの、歯医者さんで行うもの、それぞれについてコツを見ていきましょう。

市販の歯のマニキュアの場合

1

まずはマニキュアがきちんと歯にくっつくように、前準備が大切です。
マニキュアを行う前に歯を丁寧に磨いて汚れを完璧に落とし、きちんとティシュなどで拭いて乾かしましょう。
そして、塗って乾かすまでの間に唇がつかないよう、コットンやティッシュを唇と歯ぐきの間に入れ込んでおきましょう。マニキュアを塗った後はしっかりと乾かします。
処置を丁寧にしっかり行うことで、キレイにできるだけしっかり長持ちさせます。
また、その後は歯になるべく刺激を与えないことが大切です。歯をカチカチ合わせたり、かたいものを噛んだりすることは控えましょう。歯磨きをすることでも少しずつ落ちていきます。

歯医者さんの歯のマニキュアの場合

1

歯医者さんの歯のマニキュアの場合でも、施術後の2、3日は着色が起こりやすいので、タバコを吸ったり、色の付きやすい飲食物(コーヒー、ワイン、カレーなど)はできるだけ控えましょう。
また、かたいものを噛むと欠けたり、剥がれてしまうことがあるので、なるべくかたい物も控えたほうが良いでしょう。
ステイン除去成分配合の歯磨剤は効果がありますが、研磨剤が入っているものは逆にマニキュアの表面をキズつけてしまいます。

長期間の効果を期待するなら他の治療法がオススメ

さらに長期間白さを保ちたい場合には、マニキュアではなく、違う治療法をおすすめします。
天然歯で歯を削らない方法で白くしたい場合にはホワイトニング、差し歯や銀歯の場合はセラミックなどに取り替える、歯が濃く変色している場合には付け爪のように薄い歯の板を歯の表面につけるラミネートベニアなどがあります。
もちろん虫歯は早めに治療すべきですし、キレイでない差し歯なども治療した方が良いです。自分にはどの方法が合っているのか、まずは歯医者さんに相談してみましょう。