審美歯科・セラミック治療|有楽町・日比谷の歯医者 - 丸の内 帝劇デンタルクリニック

0352202511アクセスお問い合わせ
  • ドクター紹介
  • スタッフ紹介
  • 診療科目
  • クリニック
  • 地図・時間
  • ブログ
審美歯科・セラミック治療

審美歯科・セラミック治療

通常の歯科医院で施される治療よりも、見た目を意識・重視される患者様にお勧めするのが審美歯科治療です。

来院される患者様のご希望

  • 何年か前に詰めた銀歯を白くしたい
  • 歯と歯茎の間の黒い部分をキレイにしたい
  • 前歯の形や色、向きが気になる
  • 全体的に歯を白くしたい
  • 1本だけ色の違う歯が気になる

被せ物の材質の比較

見た目の改善を重視する審美歯科では、「セラミック」による詰め物、被せ物が主流となっています。保険適用の材質よりも天然の歯に近い色を出すことが可能です。

セラミックの被せ物には、大きく2つのタイプがあります。

項目 メタルボンド ジルコニアオールセラミックス
イメージ メタルボンド ジルコニアセラミックス
材料 専用金属にセラミックを焼き付けたもの すべてセラミック
白さが天然歯に近い 白さ・透明感が天然歯に近い
強度 強度に優れている 金属と同レベルの強度
耐久性 磨耗しにくく耐久性に優れている 磨耗しにくく耐久性に優れている
その他 金属の裏打ちのためオールセラミックに比べると透明感がでにくい 生体親和性が高く歯肉との調和に優れている。金属アレルギーのリスクがない

All-Ceramics (オールセラミック)

金属をまったく使わない最新の治療方法です。
歯本来の持つ透き通るような美しさを持ち、とても自然に仕上がります。

通常の治療で用いるプラスチックと違い、変色やすりへりがとても少ない素材です。
金属を使わないので、歯茎が黒くなりません。金属アレルギーを引き起こしにくい素材です。
裏側も歯の色をしていますから自然です。矯正治療よりも短時間で改善できます。

What's All-Ceramics?

プラスチック製のお皿やタッパーは使っていくと、黄ばんだり、透明感がなくなったり、ざらついたりしていきます。
そのため、普段私たちが使うお皿は、プラスチックを使わずに陶器(セラミック)を使います。歯の治療でも、保険ではプラスチック製を使いますが、より良い治療をご希望の方には、セラミック製をおすすめしています。
今までのセラミックは強度がなく、歯の治療に使う場合には金属による補強が必要なため、 セラミックの利点を100%活かせませんでしたが、セラミック技術の進歩によりすべてをセラミックで治療する方法「オールセラミック」が可能になりました。

オールセラミックのおすすめ治療

名称 特徴 イメージ
クラウン
Crown
歯そっくりのキャップをかぶせる方法です。
王冠(クラウン)が名前の由来です。
クラウン
ブリッジ
Bridge
歯の抜けたところに橋を渡すように、治療する方法です。
ブリッジ
インレー
In-lay
歯の一部分がむし歯のときに使用します。
歯の色と同じだから、大きく口を開けて笑っても目立たないようになります。
べニア
Veneer
歯の表面をほんの少しだけ削り、うすいセラミックを接着します。
歯を削る量がとても少なく、歯にやさしい治療です。
ベニア

症例

Case1 Case2
オールセラミック症例1 オールセラミック症例2
スーパーエナメル 歯のマニキュア EPIOS殺菌水システム 3Dデジタル矯正