ホワイトニング|有楽町・日比谷の歯医者 - 丸の内 帝劇デンタルクリニック

0352202511アクセスお問い合わせ
  • ドクター紹介
  • スタッフ紹介
  • 診療科目
  • クリニック
  • 地図・時間
  • ブログ
ホワイトニング

ホワイトニング

白くキレイな歯は相手に好印象を与えるだけでなく、自分に自身を持たせることもできます。

歯の表面を覆うエナメル質の成分は約96%がリン酸カルシウム(ハイドロキシアパタイト)で構成されています。
リン酸カルシウム(ハイドロキシアパタイト)自体はキレイな透明感のある乳白色なのですが、その表面や内部にハイドロキシアパタイト結晶以外の不純物としてカロチン色素などの色素タンパクが沈着して歯の黄色味や茶色味になります。
ホワイトニング剤の成分が歯の表面や内部の色素タンパクを分解して歯をキレイな白色にしていきます。
歯科医院で特別な薬剤やレーザー機械を使って専門的に行うオフィスホワイトニングと、患者様自身が家で行うホームホワイトニングの方法があります。
さらにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行うデュアルホワイトニングなどの方法があります。

オフィスホワイトニング

歯科医院で特別な薬剤やレーザー機械を使って2~3回位を目安に歯科衛生士(国家資格所持者)が行います。
即効性があり短期間(1~2回)でも白くキレイにできます。
歯科医院で行うので安心で、ご自身の手間はありません。
即効性がある反面で術後の痛みなどが出やすい傾向にありますが、大きな問題になることはほとんどありません(当院では高品質のホワイトニング剤と、歯や体に負担のかからないレーザー機械を導入していますので安心してオフィスホワイトニングを受けていただけます)。

ホームホワイトニング

歯科医院で患者様の専用マウスピースを製作し、患者様が自分でマウスピースの中にホワイトニング剤を入れて漂白する方法です。
白くなる実感は個人差ではありますが、2週間程度(10回以上くらい)はかかることが多いです。
持続性が高く、自分のペースで行うことができますが、歯科医院の指示に従って行いましょう。(当院のホームホワイトニングは純正の安全な薬剤ですので過度な心配はいりません。)
オフィスホワイトニング後にさらにキレイにしたい場合などは、ホームホワイトニングを併用してデュアルホワイトニングとして行うと、より高いホワイトニング効果が期待でき非常に長持ちします。

ホワイトニングを受ける際に考えたいポイント

ホワイトニングは予防効果を高めることができます。また受ける前に歯のクリーニングを受けると白さが浸透しやすいです。

歯のトリートメントやフッ素の効果が出やすくなります。

ホワイトニングによりエナメル質の表面や内部の不純物が分解し除去されキレイになります。
ホワイトニング後は通常よりも、歯がトリートメント成分やフッ素などを非常に取り込みやすくなります。
これはホワイトニングのメリットの1つで、これを利用して歯をキレイになめらかツルツルにしていきましょう。ホワイトニング効果も長持ちします。
エナメルトリートメントやフッ素、ハミガキ剤(RENAMELやsupersmileなど)で、再石灰化を促進しエナメル質を補修しましょう。
逆にホワイトニング直後(20分くらい)の色素の濃い飲食物(コーヒー、お茶類、カレー、ワイン、タバコなど)は気を付けましょう。ホワイトニング効果が薄れます。

ホワイトニング前にクリーニングを受けましょう。

歯の表面が汚れていると、ホワイトニング剤が浸透しにくくホワイトニング効果が出づらくなります。ホワイトニング前にはスケーリング(歯石取り)やジェットクリーニングを受けると良いと思います。

ホワイトニングを受ける際の注意点

ホワイトニングは用法用量をしっかり守れば、純正の安全な薬剤ですので、ご安心ください。

ホワイトニングの副作用として知覚過敏や痛みの症状が現れることがあります。オフィスホワイトニングは歯科医院で行いますので安心ですが、ホームホワイトニングでは決められた薬剤の量や回数を守って使用するようにしましょう(当院のホームホワイトニングは純正の安全な薬剤ですので過度な心配はいりません)。
また、ホワイトニング後の痛みが続くようであれば、使用を中止して歯科医院で相談しましょう。

スーパーエナメル 歯のマニキュア EPIOS殺菌水システム 3Dデジタル矯正