gums

歯肉整形・ガミースマイル改善

歯肉整形・ガミースマイル改善

口元の美しさはもちろんキレイな白い歯が重要ですが、歯肉の見え方やバランスも重要な要素の1つです。

ガミースマイルとは、笑った時に歯肉(歯ぐき)が見えすぎてしまう口元のことを表します。

歯肉が見えすぎたりバランスが悪いと、歯が見える時や笑った時に口元が美しくなりません。

歯肉整形とは

ガミースマイルや歯が小さい短いケースで、余分な歯肉を除去して歯と歯肉の形のバランスを整える方法です。

歯肉整形症例

術前

術後

歯の大きさ形や歯肉の見え方のバランスを整えることにより、より美しく整った口元になり印象が変わりました。
ガミースマイル(歯肉が見える)の改善のために上前歯8本に歯肉整形処置と削らないラミネートベニアを行っています。

*歯肉整形処置とラミネートベニアやセラミッククラウンを併用することは審美歯科ではよく行う組み合わせです。

術前

術後

歯が小さいのが気になっていました。上前歯6本の歯肉整形でバランスを整えました。
クリーニングとホワイトニングも行っています。

*歯肉整形後にラミネートベニアやセラミッククラウンを行わず歯を自然のままにするケースでは、数年の経過で後戻りが生じることが多いです。

術前

術後

口元から見える前歯をよりキレイにするために、上前歯6本に削らないラミネートベニアと歯肉整形処置を行いました。より整った印象になりました。

*歯が左右対称に見えるためには、歯肉も左右対称に整える必要があります。

歯肉整形の流れ

初めの状態

患者様のご希望や実際の状態、歯や顔の写真から歯肉整形の範囲や形を決めていきます。

口腔内に歯石や汚れがあるようであれば、先にクリーニングなどを行います。

歯肉整形直後

局所麻酔をした上で歯肉の切除を行っていきます。
(*当院では電気メスはあまり使用しません。)

傷の治りとともに後戻りがあるので、この段階では少し大きめに歯肉を切除します。
*術後に少し痛みが出る場合もあります。

術後3週間

術後2週間程度で治癒し安定した状態になります。
*ラミネートベニアと併用するケースでは、歯肉整形後2週間以上おいてからラミネートベニアの型取になります。
*当院の削らないラミネートベニアはスーパーエナメルやルミネアーズではありません。
*当院で行えるガミースマイル改善の処置は比較的に軽度なガミースマイルが対象です。口腔外科や美容外科で行っているような骨切り手術(Le Fort手術)や口唇粘膜を切開縫合する手術などは対応していません。

ガムピーリング

歯肉の黒ずみ(メラニン色素沈着)を薬剤によって取り除き、ピンク色歯肉に戻す処置です。

症例

術前

術後

削らないラミネートベニア8本に歯肉整形とガムピーリングを併用しています。
歯肉粘膜のメラニン色素の茶色が除去され、キレイなピンク色になりました。
メラニン色素を含む表層の上皮を薬液で変性させます。術後3日~7日くらいでメラニン色素を含む上皮が剥がれ、中から新しいピンク色の歯肉粘膜が現れます。

*術後から2~3日くらいは患部がヒリヒリしみたり痛みが出る場合が多いです。
歯肉粘膜は口元から直接に見えない部分なのですが、歯肉粘膜の色味がキレイに改善されると、口元が明るく清潔感のある印象になります。

料金表

歯肉整形(1本) 10,000円(税別)
ガムピーリング(1ケース) 5,000円(税別)

歯肉整形では歯肉の不揃いやガミースマイルを改善できます。
歯肉整形は削らないラミネートベニアやセラミッククラウンに併用して行います。
ガムピーリングはメラニン色素で黒や茶色くなった歯肉をピンク色にします。