ortho

矯正

矯正

3Dデジタルマウスピース矯正

インビザライン

3Dデジタルマウスピース矯正

インビザラインは、最近になって爆発的に普及してきている、マウスピース矯正システムの中でも最も実績があるシステムです。

インビザラインiGO

インビザライン

インビザラインiGOは、インビザラインにAIを導入して、前歯の矯正・部分矯正がより効率的で、よりスピーディーに矯正できるインビザラインの新しいシステムです。

その他マウスピース矯正

その他マウスピース矯正

当クリニックでは、国産他社やその他のマウスピース矯正も扱っています。
3D以前のアナログ矯正の時代からマウスピース矯正を行っていたのでケースによって提案できます。

ワイヤー矯正

裏側ワイヤー矯正

ワイヤー

装置の形態や治療が複雑な裏側矯正を3Dデジタル技術で補い、より効率的に行う矯正治療です。

表側に装置(ブラケットとワイヤー)を装着しないため矯正装置が目立たないワイヤー矯正です。
矯正装置の技工がとても複雑になるため他の矯正治療に比べると費用がかかることが多いです。

表側ワイヤー矯正

表側矯正

従来から矯正治療のスタンダードで行われている方法です。

歯の表側に装置(ブラケットとワイヤー)を装着して行う矯正治療です。
色々と応用ができる方法なので成長期や子供の矯正治療などにも対応しやすい方法です。

前歯だけ? 部分的に?
ご希望に合わせた矯正治療

矯正治療はメリットだけではありません。

前歯だけの矯正や部分的矯正を行うことも、一般歯科や審美歯科と組み合わせることも、
当院では患者様ごとに効率的で現実的な治療計画を提案できます。

*矯正治療はメリットだけではありません。

成人矯正では矯正でかかる力と矯正の期間で、歯の支えとなる歯周組織が必ずダメージを受けます。
成長の完成した歯列に対する矯正治療は歯根や歯周組織に対するダメージになるため、必ずしも大規模な矯正治療や長期間の矯正治療が理想的ではありません。

ご自身の改善したい部分や気になっている部分が前歯だけであったり部分的であったりする場合には、部分矯正で矯正治療のダメージが最小限にできるように効率的に短期間で行えるように治療計画を配慮し、健康的で現実的な治療計画を提案できます。

3Dデジタルマウスピース矯正は細かな矯正力や矯正移動のコントロールができるので部分矯正を安定しておこなえます。
インビザラインiGOは咬合の基盤になる大臼歯の咬合を温存しアンカー(矯正治療の支え)とすることで、前歯部から小臼歯部の叢生(デコボコ並び)を
より効率的スピーディーに動かすことができる部分矯正に特化したシステムです。

矯正治療はメリットだけではありません。

インビザラインiGOはマウスピース矯正の最先端システムのインビザラインに、コンピューターAIの技術を導入したインビザラインの次世代システムです。

インビザラインの莫大なビッグデータをもとにプログラムされたAIが矯正治療をより効率的に治療計画します。
従来のプログラムよりもより効率的に早く、そして低価格で矯正治療を行うことができるシステムです。
インビザラインiGOはインビザラインに比べて前歯だけの部分的な矯正治療に適しています。

3Dデジタルマウスピース矯正の治療の流れ

1.問診カウンセリング

1.問診カウンセリング

通常の歯科治療と同様に、問診や口腔内検査を行います。
ご説明用に撮影したお写真をご覧いただき、現在の状態や治療方法等をご説明させていただきます。

2.矯正診断

2.矯正診断

お顔や口腔内の写真撮影、歯の型取りを行い、そのデータを元に3Dデジタルの治療計画ができあがります。
コンピューターを使用することで、正確なシミュレーションが可能になり、
治療開始前からどのように歯並びがきれいになっていくのかをイメージすることができます。
この診断結果に基づいて治療期間とご費用をお伝えします。

3.矯正用マウスピースを制作

3.矯正用ワイヤーを制作

治療計画に従いオーダーメイドの矯正用マウスピースを製作します。
製作には約3週間かかります。

4.矯正治療開始

4.矯正治療開始

製作したマウスピースの使用方法・注意事項等を説明させていただき、矯正治療を開始します。

5.経過観察

5.経過観察

治療開始後、経過チェックや調整、クリーニングのため定期的にご来院いただきます。
最終的に歯並びが整いましたら、リテーナーと呼ばれる後戻り防止用のマウスピースを装着していただきます。

以下にご紹介ビデオを掲載いたしました。もしよろしければご覧くださいませ。

3Dデジタル矯正の紹介動画