itero

iTero

iTero

iTeroとは?

iTeroは、近年の歯科技術革新の中で普及しつつある3Dデジタルスキャナーの中でも最もハイスペックな製品の1つです。特に矯正治療やインビザラインにおいて優れた特長を持つ3Dデジタルスキャナーです。型採りの際には口腔内に入れたiTeroスキャナーのカメラ部分が高速連続撮影を行いコンピューターが写真を合成して歯列の3Dデジタルデータを構築します。

歯列のデータがデジタル化されているためコンピューターで様々な処理やシュミレーション加工が可能で、それらの加工データから矯正装置、インビザライン、セラミックの補綴物などを制作することができます。現状ではインビザラインやクリアコレクトなどのマウスピース矯正装置はアメリカなどの海外で製作されるものが多いので、歯型がデジタルデータであることは輸送時間がかからない、歯型の紛失などのトラブルがないことなどとても便利です。

我々にとってはコンピューターシュミレーションの出来上がりや矯正装置の出来上がりが早いといったメリットがあります。矯正治療中の装置の再制作、治療計画の修正などにもスピーディーに対応できます。矯正治療専門で行っている歯科医院ではデジタル化はすでに一般化していると言えます。

iTeroにできること

高精度のデジタルスキャン

従来のシリコン印象での歯型採りよりも簡単に確実に行うことができます。全体的な広い範囲での寸法精度に優れているため、矯正治療などでとても有利に3Dデジタルデータをスキャニングできます。

歯型採りの苦手な方でも大丈夫

お口の小さな方や嘔吐反射のある方にも便利に歯型採りスキャンができます。矯正治療の歯型採りでは歯列全体の大きな歯型採りが必要になりますが、従来では1度に全体の歯型採りを行えなければならず、失敗することもありやり直しなどもあると結構な負担があり疲れる処置でした。

3Dデジタルスキャンは簡単ではないですが1度に全ての歯型採りができていなくてもスキャンデータを継ぎ足して全体の歯型データを構築することができるので便利で楽です。データの修正も当然デジタルで行うことができます。

矯正治療中は歯にグラつき動揺や痛みが出ることも多いのですが、デジタルスキャンは歯型採りで引っ張ったりしなくて済むので痛みの心配もありません

すぐに歯型の3Dデータを見ることができる

従来の歯型採りでは、石膏で歯型の立体模型をつくります。この作業は数時間かかるためすぐに歯型模型を見ることはできませんでした。一方でiTeroはスキャン後すぐに歯型の3Dデータを見ることができます。当日すぐに3Dデータを用いた説明や仮想シミュレーションが可能です。

また石膏歯型模型の作製や輸送の日数を削減できるので、マウスピース矯正装置やセラミックの補綴物の完成が早くなります