esthetic

審美歯科

歯をできるだけ削らない 体に優しい審美歯科

前歯6本の削らないベニア

当院の削らないラミネートベニアの審美歯科症例です。

当院ではより低侵襲で体に優しい、健康を犠牲にしないような審美歯科治療が望ましいと考えています。

審美歯科とは歯や口元の美しさにフォーカスした歯科治療です。歯の色、歯並び、歯の形などを改善し、歯や口元をより美しくするための治療です。

あらためて言うまでもなく歯は顔の一部です。歯並びの整った白い歯は、その人の清潔感や誠実さ、そして若々しさを表現すると言われています。

審美歯科は歯並びの改善、歯の色の改善、歯の形の改善など、様々な目的に応じて治療を計画しなくてはなりません。

咬み合わせ治療、矯正治療、虫歯治療、歯周病治療、インプラント、ホワイトニング、セラミック治療など総合的に治療計画をする必要があります。

それは決して大規模な治療を行うべきというのではなくて、適切に診断すべきであるということです。

以前に比べて、近年はオールセラミック治療がかなり進化し良いものになっています。ジルコニアも以前よりもかなり改良され進化しています。

以前の金属を含むセラミックよりも、生体親和性に優れ、歯の切削量が少なくて済みます。そのため以前の差し歯のように神経をとらないでもセラミッククラウンが可能なケースも多いです。

しかしながら逆に、ドンドンと歯を削ってセラミッククラウンやラミネートベニアを被せてしまう審美歯科や美容歯科が目立ってしまっているように感じます。

オールセラミック治療は以前よりもかなり良いものになっていますし、歯を削って被せてキレイにすることを否定することはしませんが、適切な切削であるべきです。

最近では、歯並びを治すセラミック治療でセラミック矯正との表現が使われることがあります。歯並び治療は削ってセラミッククラウンで被せなくても、ワイヤーやマウスピースによるいわゆる矯正治療が行えます。状況に応じては矯正治療とオールセラミックの治療と組み合わせることもできます。いずれにしても適切な切削でもしくは削らないでキレイにできる方法を優先すべきだと思います。

歯科治療は全てが永久に(30年も40年も)保つものではありません。(治療もですが、人間の体が変化するので。)行き過ぎた歯の切削は将来的に非常に大きなリスクを背負うことになりかねません。

当院では審美歯科に力を入れて取り組んでいますが「できるだけ削らない」「健康的な審美歯科」を提案したいと考えています。

削らないラミネートベニア(Non-Prep Veneer)

削らないラミネートベニア(Non-Prep Veneer) 削らないラミネートベニア(Non-Prep Veneer)

前歯のセラミック審美は通常は歯を削って行います。従来法のラミネートベニアやセラミッククラウンでは歯を削ってセラミックを被せる方法でした。当院では従来法の削って行う治療も行っていますが、削らないで接着するセラミック審美も取り扱っています。

削らないラミネートベニアは極薄高強度のセラミックベニアをエナメル質の上に接着する方法です。支台となる歯を削らないで、もしくはエナメル質の厚みの範囲内で最小限に削って、極力にご自身の歯を削らないで残して行うセラミック審美です。

従来法のラミネートベニアやセラミッククラウンと比較すると強度耐久性に劣ります。セラミッククラウンよりは適応症例も限られてしまいますが、支台の歯をダメージしない方法なのでとても低侵襲で健康的な審美歯科です。

削らないラミネートベニアの詳細はこちら

セラミック・ジルコニア

セラミック・ジルコニア セラミック・ジルコニア

近年では金属を使わないオールセラミック材料の治療が進化しています。(金属の材料やメタルボンド、ハイブリッドレジンなども当院では扱っています。)。高強度で審美的な高級材料のジルコニア。審美性と機能性を兼ね備えた2ケイ酸リチウムセラミック(e.maxなど)。

レジンや金属の材料と比べると、清潔で抗菌性に優れていて、生体親和性(人体との馴染みが良い)に優れています。歯肉(歯周組織やその他全身)とのなじみが良く、歯周病や虫歯の原因になりにくいです。

オールセラミック治療の詳細はこちら

3Dデジタル矯正

マウスピース矯正

3Dデジタル矯正

歯並びや咬み合わせに問題がある場合に矯正治療が選択肢になります。当院ではデジタル診断によって、マウスピース矯正や裏側矯正、表側矯正を行っています。

見えない目立たない、治療期間の早い矯正治療を提供できます。

矯正治療はその他の歯科治療や削らないラミネートベニアなどの審美歯科との組み合わせ治療を計画していくことも出来ます。

3Dデジタル矯正の詳細はこちら

ホワイトニング

ホワイトニング ホワイトニング

歯を白くキレイにする方法(審美歯科)で、第一選択になるのがホワイトニングです。エステやセルフホワイトニングサロンのホワイトニングと違い、歯科医院では特別な薬剤(過酸化水素、過酸化尿素)を扱うことができるので、エナメル質内部の色素タンパクを分解し確実なホワイトニング効果が出せます。

失活歯(神経のない歯)やテトラサイクリン歯には確実な効果は出しにくいとされていますが、生活歯(神経のある歯)に対しては削ることなく歯を白くすることができます。ホワイトニングは黄色茶色の色素は脱色できますが、黒やグレーの色素は改善が難しいのです。

当院のホワイトニングは失活歯やテトラサイクリン歯ある程度のホワイトニング効果が期待できます。

矯正治療後のホワイトニングも人気です。矯正専門医院で矯正治療後に当院でホワイトニングのみ行いたい患者様も多くいます。

失活歯のブリーチ

失活歯(神経のない歯)のホワイトニングや審美歯科も行っています。
失活歯を含めての全体的なホワイトニングも行っています。
全体的にはホワイトニングを行い失活歯にはセラミッククラウンで被せる計画や、失活歯にはセラミッククラウンで周りの歯には削らないラミネートベニアを行うケースも多いです。

ケースによっては失活歯だけの裏側に穴を開けて直接に薬剤を入れて漂白するインターナルブリーチ(ウォーキングブリーチ)も行っています。

ホワイトニングの詳細はこちら

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング

主に前歯の虫歯治療や形態改善の症例に対して行います。
コンポジットレジン(歯科治療用プラスチック)を口腔内で直接接着充填することで歯の形態や機能を回復する方法です。

古いプラスチックなどによる前歯の黄ばみ茶色みの改善では、ホワイトニングと組み合わせて行うことで審美的にもキレイにできます。

ダイレクトボンディングの詳細はこちら

歯のマニキュア

歯のマニキュア

前歯にマニキュア(ホワイトコート)を塗って1回の通院ですぐに応急的に白くする方法です。応急的な方法であり、長持ちしませんし治療ではありませんが、急なイベント事に向けてすぐに白くすることができます。
歯のマニキュアは前歯を白くはできますが、不自然に見えたりするので審美的には万全ではありません。イベント事まで3週間以上あったり、ご本人のご結婚式であったりする場合には、歯のマニキュアではなくホワイトニングや別の審美歯科をお薦めします。

即日で白くしないといけない時や、審美歯科のお試しなどにお薦めします。

歯のマニキュアの詳細はこちら

インプラント

インプラント

近年、インプラントの需要はより高まってきています。ブリッジや入れ歯の治療よりもインプラント治療を希望なさる患者様は多くなっています。

インプラントのメリットは強度や機能性でありますが、高いレベルで考えると審美的には難しい問題もあります。当院のシステムでは、従来よりもより審美的に行うことができる様になってきます。

インプラントの詳細はこちら