invisalign

インビザライン

インビザライン

インビザラインとは?

インビザラインとはアメリカのアライン・テクノロジー社によるマウスピース型の矯正装置のことです。2006年頃から日本でも普及し始めました。

以前から手作業技工によるマウスピース矯正はありましたが、インビザラインは現在では主流の3Dデジタルマウスピース矯正のパイオニアです。マウスピース矯正において最も多くのシェアと特許技術を持っていると言われるNo.1の実績あるブランドです。

メリット

マウスピースの材質が使いやすい

他のマウスピース矯正に比べてマウスピースの材質が優秀で、柔らかく優しい矯正力なので痛みやトラブルが少ないと言われています。

装着していても目立たない

薄く透明なマウスピースなので従来のワイヤー矯正装置に比べて、矯正治療期間中も装置が目立ちにくいです。

部分矯正が有利

従来のワイヤー矯正と異なり3Dデジタルで治療を設計するので、余計や矯正力やダメージをかからないので、前歯や見える範囲だけなどの部分矯正が有利に行えます。

大切なイベントの時は外すことができる

試験や結婚式、証明写真の撮影、など大切なイベントの時には、マウスピースを外すこともできます。数ヶ月後先の大切なイベントを気にせず、いつでも誰でも矯正を始めることができます。

いつも通りに歯磨きができる

従来のワイヤー矯正では食事や歯磨きの時に不自由がありましたが、食事と歯磨きの時にはマウスピースを外すことができるので、矯正期間中の虫歯のリスクや食事や歯磨きの不自由がありません。

金属アレルギーの方でも問題ありません

マウスピースには金属は含まれていませんので、金属アレルギーの方も安心して使うことができます。また、金属アレルギーでない人が矯正によって金属アレルギーになる心配もありません。

成長期の矯正にも対応できる

インビザラインは成長期や乳歯の生え変わり期の患者様では、まだ生えていない永久歯や萌出途中の永久歯には、永久歯が萌出するスペースを確保するための仕組みがあり年齢に応じて対応することができます。

デメリット

自己管理ができないと治療が遅れる

マウスピースは毎日22時間以上の装着が必要です。食事と歯磨きの時以外は、ほぼ装着することになります。自由に外せることはメリットですが、時間を守って装着しないと治療が遅れることがあります。

インビザラインだけでは適用できない症例がある

マウスピースで動かすことができるのは歯と歯根のみです。骨格性の不正咬合などにはインビザラインだけでは対応できません。